● ご挨拶

 

友達からお願いされた一言。

3歳の孫にピアノを弾いてあげたいけれど、ベートーヴェンのソナタは弾けるのに、チューリップの歌の伴奏を弾いてあげられない」

 

まさにその一言!

 

音楽大学では、楽譜通りに忠実に弾くことをひたすら教えてもらい、生徒さんに指導するときも指針となってきました。もちろん、作曲家の言葉である楽譜を読み取り忠実に弾くことはとても大事ですが、世の中には様々なジャンルの音楽があり、道を歩けばポピュラーからジャズまで色々な音楽が耳から入ってきます。

せっかくピアノを習っても大人になると何故かふたが締まり、物が置いてあるピアノがありませんか?楽譜を見ないと弾けない?でも簡単な曲でもメロディーだけでコードをつければ曲です。

そんな中、弾きたい曲をコードをつけて弾けたらどんなに良いでしょう?

 

当教室では、クラシックはもちろん、弾きたい曲を小さい頃からコードで弾くことを目指してレッスンします。

しかしもちろん、基礎は大切!

小さい時から良い手、良い耳、歌心を養うようレッスンしています。また、いつどんな時から始められてもその他のメソッドや、30年間培ったエッセンスを取り入れ、生徒さん一人ひとりに合わせたレッスンを実施しています。

 

ピアノを弾く作業は、目で楽譜を見て、脳で理解をして、その音を耳で聞き、目で次の音符を見るという作業の繰り返しです。このように、小さい頃から音楽に触れることは、感受性、想像力、表現力を養え、脳の発達にもとても良いとされています。

また、大人の方には、脳の活性化になり、認知の予防になるとも言われています。

 

なお、大人の方は初心者の方から経験者まで、その方の希望に合わせてポピュラー、童謡、クラシックの個人指導もしております。また、柏市近郊でのグループレッスンも行っておりますので、お気軽にお問合せください。